いつかはクラウン

次女の軽自動車が、ボコボコのヨレヨレになってきました。

「かーちゃんの軽を安く譲ってやれば、順送りでオレのが新しくなるな」
つまり、私の軽→かーちゃん、かーちゃんの軽→次女、という図式であります。

冗談で言ったところ、現実となってしまいました。
たなからぼたもち。
ひょうたんからこま。

ムフフ( ^ω^)・・・
e0118846_17145368.jpg
(写真は昨年まで乗っていたマークXです)

ディーラーにて商談中、「いつかはクラウン」とつぶやいたところ、猛烈なお叱りを受けました。
「定年前じゃないと払えないでしょ、次はなし、これで最後!」

クラウンには手が届かないので、最大手メーカーのHV車に落ち着いたのでした。

富の象徴、成功の証、日々の労働の励み・・・
私、このフレーズは手に入れるまで(もうムリ、とわかったとしても)つぶやき続けると思います。
レクサスがあろうと、高級ドイツ車が街に溢れようと、若いころに刷り込まれた意識はそう簡単に消えるもんじゃありません。

ともあれ、新車万歳!
[PR]
by himaru73 | 2017-03-26 17:17 | もろもろ | Comments(4)
Commented by iyim2012 at 2017-03-26 22:48
いつかはクラウン・・・
わかる気がします。男のロマンですね。
こと車に関しては男女の違いでしょうか。
私は走ればいい、願わくば可愛いデザインがいい、
更に望むなら自動ブレーキがいいって感じですかね。

でも・・・ほんと、ともあれですね。
新しい車、わくわくしますね~
Commented by himaru73 at 2017-03-27 18:30
to ユミさん
うちのかーちゃんと一緒(^^♪
女性の車好きは確かに少数派ですね。
納車は6月以降なのに、なぜか若いころのような待ち遠しさを感じません。
待ちが長い分、ワクワク感が長続きするって思えるからかな!?
Commented by ゆったり人 at 2017-03-28 21:53 x
いいキャッチフレーズですね、時代を越えてます。
うちの親父も乗りたかったみたい^^
HVですか~いいですね。
燃費良さそうですしドライブが愉しそうです。
Commented by himaru73 at 2017-03-29 20:13
to ゆったり人さん
ネットで見ると、いきなり…、いまさら…、いまどき…なんてのが載ってますね。
多々ある高級車の中でも、国内仕様に特化しているところに惹かれます。
なので、私にとってはずっと「いつかはクラウン」なんです。
憧れは憧れとしてさておき、納車が待ち遠しい新車、楽しみです。