カテゴリ:石いろいろ( 243 )

近所で行われたイベントに出かけ、体験コーナーにて篆刻をかじってまいりました。
以前よりなんとなく興味を持っていたのですが、今回ようやく機会に恵まれました。
e0118846_17362815.jpg
篆書から文字を選ぶ・・・とは限らないようです、昨今は。
初めてなので、とりあえずはお遊び感覚でフリーデザイン。

e0118846_17364149.jpg
反転させた下書きを確認するのに、鏡を使うんですね( ゚Д゚)

e0118846_17365478.jpg
彫り始めます。
石に字や絵を彫ることは、長年やってました(^^♪
とはいえ、道具が違うと勝手が違うものでして、なかなか思うように刀を操れません。

e0118846_1737811.jpg
数十分後、無事完成。

e0118846_17372121.jpg
先生にお褒めの言葉をいただき、ちょいといい気分で帰宅いたしました。

e0118846_17373254.jpg
「ひまる。」印の完成!

ムムム・・・いったいどこで使うんだ?
いっそのこと、落款印を使うために書でも始めるか!?
[PR]
市の北部に引っ越して以来、以前住んでいた南部方面へ行く機会がぐんと減りました。

所用があって久しぶりに出かけたのは、↓
e0118846_18273793.jpg
立派な石碑だこと。

e0118846_18275339.jpg
「悠紀」ってなんだっけ?

大嘗祭は天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。
大正天皇即位の時に、この地が斎田として選ばれたらしいです。

一昨年は100周年記念のお田植えまつりが開催され、秋篠宮ご夫妻が出席されました。
かなりの賑わいを見せたことを覚えています。

e0118846_1828764.jpg
館内の歴史資料館は見学者一名=うちのかーちゃん(^^;)

e0118846_18282285.jpg
何らかのイベントがないかぎり、閑散としたものです。

かつてテリトリーとしていた地域。
広い道路が通って宅地化したところもあれば、相変わらず田んぼだらけというところもあり。

風はまだ冷たいですが、確実に変わったなと感じる春の空気。
思い出話に花を咲かせながら、春のドライブを楽しんできました。
[PR]
ストーンフェアにて、鶏の写真より。
e0118846_17123559.jpg
ここ数年は、石製干支作品の写真を拝借して、年賀状の背景としている。
さて、どれにしようか・・・

e0118846_17125223.jpg
一長一短、良いと思ったのが背景処理がめんどくさそうだったり・・・

e0118846_17131080.jpg
もう少し余裕がある、しばし悩むとしよう。
[PR]
毎年恒例、ストーンフェアに出かけた。
e0118846_16132457.jpg
十二支のそろい踏み。

e0118846_16134214.jpg
ピタゴラスイッチ風の楽しい仕掛け。

e0118846_16135434.jpg
この超人気キャラは、さすがに人目を惹く。

e0118846_1614578.jpg
くまモン、溶岩でできているそうな( ゚Д゚)

e0118846_16141971.jpg
出かけたのは1週間前、真っ青に晴れ渡った秋晴れの一日であった。

例年と比べて出店数減。
地元以外の業者も出店。
石材加工業者に匹敵するぐらい、道具・機械関係の業者が多数。

業界のジリ貧傾向は承知しているものの、規模が小さくなったなぁと実感。
売れる見込みのない巨大モニュメントや多宝塔を、宣伝用として製作していた時代もあったのに・・・

技術と伝統の継承はとても大切なこと。
規模の大小にかかわらず、今後も続けていただきたいものである。
[PR]
結構しつこい「博石館」も、ようやく最終回<(_ _)>
e0118846_20575840.jpg
哲学的な彫刻集といこう。

e0118846_20581363.jpg
この言葉、結構好きである。

e0118846_20583387.jpg
自然石を活かしたシンプルな造形、こういうのがなかなか難しい。

e0118846_20584612.jpg
カンナで石を削る!?
うん、哲学的要素はこれが一番カモ。

e0118846_20585630.jpg
芝生広場にてチビピラミッド発見!
百分の一か!?

e0118846_2059613.jpg
博石館を後にし、少し遅い昼食。
信州のお隣だが、奥美濃といえばこちらも蕎麦どころ。
ボリュームがあって安い、もちろん美味い!

石ブログネタ仕入れツアー、これにて完結(笑)
[PR]
いくつもの体験コーナーや散策路が整備されており、なかなか楽しめる施設である。
e0118846_1624530.jpg
面白彫刻をいくつか・・・

e0118846_1625630.jpg
鼻クソほじるな!

e0118846_163828.jpg
鼻クソ飛ばすな!

e0118846_1631821.jpg
股覗き(^^;

e0118846_1632749.jpg
モザイク入れないとマズイか!?

e0118846_1633781.jpg
コレは立派な応接セット( ゚Д゚)

e0118846_1634944.jpg
すっかりくつろいでしまいそうである。
実際、座り心地の良い曲面に加工されていた。

e0118846_164096.jpg
面白い彫刻がいっぱい!
飽きずに眺めていられる。
[PR]
引き続き、施設内探訪。
e0118846_21274726.jpg
「鉱物展示館」にて、石製スピーカー( ゚Д゚)
う~ん、反響というか音出し的にはどうなんだろう、実用品かな!?

e0118846_2128036.jpg
かーちゃんはこんなのが大好き(^^;

e0118846_21281165.jpg
「石職人体験館」にて。
体験しないと済まないみたいで…(笑)

e0118846_21282380.jpg
e0118846_21283945.jpg
加工道具の数々。

e0118846_2128535.jpg
コレは石を割るときの「セリ矢」、確か以前紹介したような気が・・・
おぉ、8年前の青臭い投稿が発掘されてしまった(^^;
[PR]
内部には入れなかったが、地下に潜って迷路を体験した。
e0118846_204279.jpg
迷路内部はヒンヤリして、乾いた空気が心地よかった。

e0118846_20421842.jpg
迷路脱出、壮麗な石積みと感じるのは、元業界人だから!?

e0118846_20422814.jpg
ここは結婚式もできるそうで、ロケーションも工夫がなされている。

e0118846_20423823.jpg
緑と石、なかなか練られたデザインと感じる。

e0118846_20424844.jpg
夜間、イルミネーションができるよう配線がしてあった。

e0118846_20425860.jpg
神殿っぽい配置が、儀式をより荘厳なものに演出することだろう。
[PR]
門をくぐった先には、癒し系石像の数々。
e0118846_20155432.jpg
e0118846_20131353.jpg
e0118846_20132519.jpg


石畳と芝生がきれいな広場に出ると・・・
e0118846_20133418.jpg
木立の向こうに三角の建造物が見えてきた!

e0118846_20134484.jpg
さらに近づいたところ・・・おぉ、まさにピラミッド!

e0118846_20135333.jpg
石壁に挟まれた石段を上り、ワクワクしながら接近中。

e0118846_2014154.jpg
十分の一サイズとはいえ、なかなかの規模である。
内部に入れそうな穴が空いているが、なぜか閉鎖中。
[PR]
GW終盤、新車でドライブ。
e0118846_2049459.jpg
やっとかめ(名古屋弁=久しぶり)で石ブログっぽくなりそうなので、ちびちびと小出しに・・・(^^;

e0118846_2049593.jpg
やってきたのは隣県の「博石館」
石の博物館、ストーンミュージアム!

クフ王ピラミッドの十分の一サイズがあるらしいというだけで、予備知識は皆無。

e0118846_2050928.jpg
まずは駐車場わきの喫煙コーナーにて灰皿3種。

e0118846_20501915.jpg
受付前に石造りのトイレにて用足し。

e0118846_20503194.jpg
ようやく受付窓口へ。

e0118846_20504456.jpg
「3か月間有効の次回無料券」などと、聞いたこともないサービス( ゚Д゚)

e0118846_20505493.jpg
ともあれ、巨大な石門に迎えられて入場!

次回に続く。
[PR]