カテゴリ:中島みゆき( 22 )

赤ちゃん生まれておめでとう!
・・・などと単純な解釈とはいかないみゆきさんの名曲。

原点を思い出しなさい、ってことのようだ。
歌詞にあるように、子供は泣きながら生まれてくる。
思いっきり泣いているのなら、それがまさに「誕生」。
何度でも「誕生」。

「再生」と「応援」、彼女の楽曲はこのテーマで書かれてるものが多い…と思う。

e0118846_1871639.jpg
こちらは、単純に誕生を祝いたい5人目の孫。
7か月を過ぎたところ。
この寝顔には癒されるわぁ♪
[PR]
何かと忙しくて、更新が滞り気味。

そのくせ、TVドラマは週に数本見ている。
そのうちの1本が「家族のカタチ」

「結婚できない男」と「結婚しない女」のホームドラマ(番組HPより引用)。
様々な「家族のカタチ」を示しながらドラマは進行していく。

先日の放送では、「ファイト!」が流れた。


オリジナルもCMも良いが、ドラマでもタイムリーな使われかたをする。



マイテーマソングのカップリング曲なので、この曲もかなり聴き込んだ。
[PR]
組織に属するものとして、そろそろ人事異動が気になる頃。

これまで全く無縁で来たが、今回は確実にまな板の上に載っている。
期待も不安もあるが、どちらも大きいようで大きくないようで・・・
なるようにしかならないので、考えてもしょうがない。

そんな心境でふとよぎる曲。



もちろん本人歌唱が一番だと思うが、坂本冬美もまた良し、か。
けだるい感じの日吉ミミバージョンが印象的だった。
彼女亡くなっちゃった・・・そういや、作詞の阿久悠も。

ラストフレーズがリフレインする。

♬上から読んでも下から読んでも
ヨノナカバカナノヨ♬
[PR]
浅野ゆう子&柳葉敏郎主演、「親愛なる者へ」の主題歌。
1992年に放送された、TVドラマ。
みゆきさんの出演シーンのみ、you tubeで確認した。
ドラマは残念ながら見ていない。
 (こういうパターンが多い)
e0118846_4582353.jpg
眠りが浅いからこんな時刻にPC、ではなく。
前夜の就寝が10時前なので、バッチリ6時間。


e0118846_4583476.jpg
静謐な朝が好き。
空気が澄んだ朝が好き。
朝型人間、今日も早起き。
[PR]
この時期になると、頭の中に鳴り響く。
盆暮れの帰省ラッシュを題材にした曲である。
e0118846_21333093.jpg


♬・・・年に2回 8月と1月
 人ははにかんで道を譲る 故郷(ふるさと)からの帰り
 束の間 人を信じたら
 もう半年がんばれる♬


人と人との関係に疲れ、ささくれだった日々を送りつつも、やはり人の内情は優しさが標準。
年に2回とはいえ、優しくなれるときがあるのならその人は正常、大丈夫精神が病んでない。

いついかなる時も周囲の人に優しくありたい、そう思っている・・・。
 ・・・が、思ってるだけでなかなかそうはいかない現状である。
[PR]
 ♬なぜ競わなければいられないのでしょう
  男と女は敵じゃないわ♬

 ♬私が味方だとわからない♬

 ♬流れよ 清き流れよ はじめの滴を忘れても
  流れよ どちらからともなくまじわり合って流れてゆけ♬

e0118846_2144142.jpg
時として罵り合ったり、おのれの優位性を主張し合うカップル。

最初はどんな気持ちだったの?
たとえそれを忘れたとしても、いまもパートナーじゃないか。

e0118846_21441476.jpg
若い頃は漠然と聴き流していた歌詞。
熟年夫婦という年代になってようやく腑に落ちた。

まさに清流のごとく流麗なメロディも、その美しさをかみしめることができるようになった。
[PR]
タイトルに合うかも?という写真を撮ってきたので。
e0118846_21545682.jpg
オジサンの応援歌と言われ、オジサンを自認するものとしてその通りだと思った。
天空の星にはなれないけれど、市井の小市民でしかないけれど。
地上でしっかり輝いているはずだ、と思った。

とはいえ、それって自分じゃわからんのだよな~。
結構頑張ってるつもりなんだけど。
誰かがその光を見ていてくれるから・・・そう信じて生きるしかない。
[PR]
”「Dr.コトー」のモデル退任へ”というのをヤフートピックスで見かけたので。
e0118846_18565861.jpg
記事中に”ドラマ化された”とあるが、その主題歌はみゆきさんの作品

2連目、”柔らかな皮膚しかない理由は 人が人の傷みを聴くためだ”
    ”わたボコリみたいな翼でも 木の芽みたいな頼りない爪でも”
こんな表現に、詩人としての感性を感じる。

メロディも詩も好きなので、マイベストテンに入る一曲である。
離島に赴任した医師の、静かなる決意を語っている。
[PR]
「わかれうた」のB面。

あ・・・今じゃカップリングっていうのか・・・
この当時は、ついでとかオマケみたいな感じだったので、Aの次だよってイメージだったなぁ。

でも、名曲はちゃんと歌い継がれるのである。
コンサートでも時々披露するし。
e0118846_21241516.jpg
いやはや、地方から出てきた田舎モンにとっては、身につまされる歌詞である。
 ・・・都会ってほどでもない名古屋近郊の地方都市だが、北陸のド田舎に比べれば・・・

♪ネオンライトでは 燃やせない~♪
この部分を、チョイとふっくらした体型の妹に向かってからかっていたのを思い出す。
♪ネオンライトでは もう痩せない~♪

さぞかし、ヤな兄だったことだろう。
[PR]
長瀬智也主演「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の主題歌。
約9年前のドラマ、実は見ていない。

「他人にオールを任せるな」って、相変わらずの鼓舞と励まし・・・つまりは応援歌。

年上の女性であるみゆきさんのほうが、声量も迫力もはるかに長瀬クンを凌駕している。
長瀬クンの名誉のために、作者のアドバンテージとしておこうか。
e0118846_17205583.jpg
みゆきさんの”男歌”、ここに極まれり。
ジャニーズの人気者、まだまだ青いわ!
[PR]