タグ:ウィスキー ( 12 ) タグの人気記事

ご近所の神社まで散歩。
e0118846_18441165.jpg
梅雨の晴れ間とはいえ、半端ない湿気の量。

e0118846_18442394.jpg
階段を一段登るごとに汗がボタボタ・・・

e0118846_1844364.jpg
巷では終わりを迎えている紫陽花が目を惹きました。
一服の清涼剤として、楚々とした青に癒された気分です。

e0118846_18444862.jpg
帰ってからの晩酌は、初めて買ったウィスキー「THE MU-MEI(無銘)」
大手ブランドとは趣を異にする味わいを堪能いたしました。

e0118846_18445990.jpg
久留米市に醸造所があるんですね~。
失礼ながら、九州とは意外でした。
[PR]
久しぶりの蕎麦打ち。
昨年以来!?
e0118846_21293943.jpg
水入れすぎ!と思った時点ですでに時遅し、それが致命傷となり大失敗(>_<)
美味しくなかった( 一一)

e0118846_21295116.jpg
気を取り直して、読書withウィスキー♪

e0118846_2130244.jpg
こちらも久しぶりとなる「竹鶴」、やはりンまい!
ジャパニーズはサントリー派なのだが、最近値上げしやがったので浮気(^^;

e0118846_21301313.jpg
コースターは大のお気に入り、スナフキン!

お気に入りコースターでウィスキーナイト。
しかも小説が面白いと来たら蕎麦の失敗も帳消し、の休日であった♪
[PR]
今宵はまったりと、ウィスキーを嗜むことにしました。
 …毎日飲んでるくせに( 一一)

今宵はまったりと、坂本龍馬の誕生日を祝います。
 …命日でもあるぞ( 一一)

今宵はまったりと、七五三だなぁと子孫繁栄を願います。
 …孫三人は谷間、来年じゃねーかよ( 一一)

今宵はまったりと、31年前の入籍に思いをはせます。
 …役所への届け出はかーちゃん一人で行ってもらった( 一一)
e0118846_22281850.jpg
あぁ、それにしても、白州の楚々とした味わいが仕事疲れを癒してくれる。
あぁ、そして、山崎のガッツリしたコクが明日への活力となってくれる。

まったりまったり…秋の夜はふけゆく、のであります。
[PR]
ウィスキーミニボトル、集めてみようかな~なんて♪
e0118846_2123147.jpg
この2種類のほかに手に入れたのは「山崎」「白州」「竹鶴」
このシリーズは180mlのようですが、他の銘柄で50mlボトルというのも目にしました。

いつも行く酒ディスカウントストアにはおいてなくて、時々コンビニで見かけるぐらいです。
当たり前と言えばそうなんですが、中身はかなりの割高(^^;
e0118846_21232571.jpg
おや、ブロネタ用写真の撮影中ですか?とウチのかーちゃん。

何かと楽しめるのなら、割高云々は関係ないですナ(^^♪
[PR]
ウィスキーブームと可憐なエリーの残像(個人的印象(^^;)を残してくれた「マッサン」の主題歌。

みゆきさんがタイトルに「唄」を使うのは初めて…だと思う。
最も多いのはもちろん「歌」、その他に「うた」や「詩」を使用。
ドラマの内容や曲想に合わせて、ということなのだろう。

日本で、愛する夫と、一生添い遂げた外国人の物語。

「長唄小唄」のように、あえて「和」を強調する目的で「唄」にしたのかな!?
e0118846_1210680.jpg

[PR]
高嶺の花、目をつぶってレジへ持っていくことが1年に一度あるかないかというサントリー「響」
e0118846_16431540.jpg
少し前に発売された「響JAPANESE HARMONY」はノンエイジ。
こちらは目をつぶらずとも、少々の思いきりで何とかなるエントリーモデルであります(^^;

とはいえサントリーの最高級ブランド、それなりのお値段は致します。
ディスカウントストアにて少し安くなっていたので、思い切って買いました。
e0118846_16432616.jpg
ジャパニーズウィスキーは現在、海外での評価が非常に高いようです。
このフラッグシップモデルで世界展開を図るそうですが、はてさてどんな味やら・・・

で・・・何のごほうびかって?

  給料日だし(毎月あるぞ!)
  仕事は無欠勤だし(当たり前だろ!)
  チラシで安くなってたし(何がごほうびじゃ!)
  ブロネタになるし(もーわけわからん!)

・・・ゴニョゴニョ・・・(笑)
[PR]
「日本初上陸!」なる釣り書きに即反応。
しかもご贔屓のアーリータイムス。
e0118846_2191276.jpg
てっきり、ほのかな青りんごフレーバーの”バーボン”だと思いこんでしまいました。

早速晩酌に、ストレートで・・・
ムムム・・・青りんごシロップをドバっと混ぜたような・・・
コレ、ホントにウィスキーか!?

e0118846_219357.jpg
飲んじゃった挙句、エッ!?と思ってから、ボトル裏のラベルを確認した次第です(>_<)
・・・香料に酸味料に着色料使用、しかもモルトでもグレーンでもない33%のアルコールって・・・

”リキュール”!
しまった~(-_-;)

ま、これはこれで別の飲物、ソーダ割りか何かで消費することにします(^^;
[PR]
「数量限定」なる言葉に弱いのであります(>_<)
e0118846_15285612.jpg
好みの銘柄はあれど、たまには違うものという意味で歓迎すべきことではありますが。

e0118846_1529625.jpg
ドラマに重ね合わせて、どんな味だろうという興味は尽きません。
発売当初と全く同じというわけにはいかないでしょうけど。

e0118846_1529188.jpg
現在は40%が主流のようですが、昔は43%が多かったです。

はてさてどんな風味やら。
今晩の晩酌が楽しみです♪
[PR]
久々のマルスウィスキー。
e0118846_1862434.jpg
このブランドは初めてですが、お手頃価格なので試しに…(^^♪

e0118846_1864081.jpg
中央アルプスと南アルプスの稜線を克明に描いたとあります。

で、ひたすら「TWIN ALPS」のロゴを見つめていたわけです。
・・・しばらくしてハタと気が付きました。

「ボトルデザイン」であって「ラベルデザイン」ではないことに(>_<)

e0118846_1865531.jpg
上部はうまく撮影出来なかったので、下部の稜線のみ。

一度蒸留所を訪れたことがありますが、なるほど風光明媚な環境にありました。
[PR]
今期の朝ドラ、見てますょ♪
e0118846_22112911.jpg
ウィスキーと中島みゆきに目がないとなれば、見ないわけにはいきません!

第1話からしっかり見るのは、歴史ある定番番組に対して失礼ながらたったの3作目。

1986年「はね駒」…キュートな(あくまで当時は)斉藤由貴見たさ(^^;
当時の勤め先が、朝ドラが終わって家を出ればちょうどいい通勤時間帯だったというのもあります。

2006年「純情きらり」…宮﨑あおいのファンではないけれど、地元が舞台なので♪

e0118846_22114229.jpg
いい機会なので、サントリーとどんな関係なのか少し調べてみました。

竹鶴と鳥井…本物か売れるものか、主義主張こそ違えど、両者のウィスキーにかける情熱が質の高いジャパニーズウィスキーを生んだのだと納得。

先人の偉業に感謝しつつ、今夜も1杯、2杯、……何杯めか忘れた(>_<)
[PR]