ビデオ録画等をゆったりした気分で見るため、思い立って座椅子を買い求めました。

e0118846_22333050.jpg
ビーズが詰め込まれており、座る位置に応じて自然に背もたれができるというクッションです。

e0118846_22424371.jpg
マダ~ムもくつろいでおります(笑)

スタンダードタイプが7,980円のところ、特大サイズを注文したら何と23,000円(゜o゜)
単純にビーズの量が3倍ってことかしらん???

10日間ほど使っておりますが、宣伝文句通りゆったりくつろげております♪

体をいたわるグッズ、投資を惜しんじゃいけませんね^^
[PR]
タイトル通りの内容でありました♪

e0118846_20314129.jpg
著者がNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演されていたとは知りませんでした(゜o゜)

ウィスキーは毎日飲む酒なので、興味津々で読み始めたのですが…
モルトだかグレーンだか、そして醸造酒だか蒸留酒だかというのは、正直言ってよくわかりません(>_<)

とはいえ、好きな酒により親しむための薀蓄というかこぼれ話みたいなのは十分に楽しめました♪

サントリーの「響30年」というのはブレンドされている最新の原酒が30年前のものであるということ。
十年先を見据えた仕込みをし、無限とも思える組み合わせを模索して商品に仕上げるのがブレンダーの仕事。
一般的にはこの仕事だけと思いがちなのが、日々熟成が進む原酒管理のほうがより重要な仕事といえること。

本場のスコットランドと違って、蒸留所同士で原酒の融通が出来ない日本の事情…。
故に一社で様々な原酒を仕込んでブレンドを工夫し、ガラパゴス的進化を遂げたこと。
結果的に世界5大ウィスキーとしての地位を築いたこと、等々。

「体にやさしい酒」である、という指摘もあります。
プリン体も糖質もゼロ、ポリフェノールを多く含んで、飲み過ぎなければOK。
数百年の時を経た木材で作った樽による長期熟成のため、木の成分がわずかながらも抽出して森林浴に似た効果もあるらしい。

ブレンダーとしての誇りというか、仕事にかける情熱も伝わってきます。
朝食はほぼ同じメニューで、昼食は必ず社員食堂の天ぷらうどん。
夜9時以降は酒を飲まないなど、体調を一定に整えるための日々の節制に怠りはありません。

そこまでストイックにならないと務まらない職業は、到底私にはムリです…^^;

e0118846_20315584.jpg
読後、久しぶりにサントリーウィスキーを買ってきました♪
「角瓶」は時々買うものの、近年はバーボンばかりでした^^;

懐が寒いので高級酒は無理(>_<)
「リザーブ」や「オールド」もちょっと高い気がして、学生時代お世話になった「ホワイト」

「ホワイトでいいや、と~♪」
かぐや姫のフォークソングにありましたが、この本に出会ったおかげで青春時代へもちらっと回帰できました^^;

「ホワイト」といえば、数年前にリニューアルしたのを思い出しました。
つまりは本書に書かれている通り、原酒も熟成度合いによって年々変わっているというのが裏付けられてます。
現代に似合った「ホワイト」テイストのブレンドが完成したってことでしょうね(゜o゜)

30年前の「ホワイト」とは明らかに違う「ホワイト」を味わっているのかもしれません。

ウィスキーを嗜む楽しみが広がった気がします^^
[PR]
もうすぐ3歳と8カ月になる孫の作品です。
e0118846_2115312.jpg
下半身はサマになってるものの、上半身がちょっとなぁ^^;

興味の対象を造形として表現しようとするのは、成長の証しかと思います。

順調に育っております。
[PR]
お酒のおつまみにと、何気なくスーパーでカゴに放り込んだ一品。
e0118846_16253974.jpg

あらま(゜.゜)
パッケージの写真通りに4つしか入ってない!

4つで298円は高い!
確かに美味でしたが、おちょぼ口用の一口サイズでは小さすぎ…後の祭りであります(--〆)
[PR]
冷気漂う脱衣所で、身につけているものを脱ぎ捨てていた。
早く湯船につかりたい、なのに脱ぐものが多くてもどかしい、そして寒い!
あ~めんどくさい(-.-)
e0118846_2034131.jpg

やっとこさ温かい湯につかり、しばし黙考…

3年前、家の中で休日を過ごしているのに、靴下を履かないと寒く感じるようになった。
2年前、真冬はズボン下を履くようになった。
1年前、ハンドクリームをつけるようになった。
そしてつい最近、何と予防のための風邪薬をかーちゃんに所望してしまった!
医者いらずの薬嫌いで通してきたのに、この状態はいったい何なんだ(゜.゜)
e0118846_20342078.jpg

老いることが必ずしもマイナスとは思わない。
新陳代謝が鈍る分だけバリアーを張らなくてはいけないのは当然である。
が、日常の作業がどんどん増えていくのである。
あ~めんどくさい(-.-)

「今年50歳になるんだもん、しょうがないょ」と、かーちゃんが呟いた。
[PR]
ガンにもめげず交通事故もモノともせず…
老人クラブでこんなの作ってたみたいです。
e0118846_2042346.jpg

爪楊枝で作った爪楊枝入れ!?
結構集中力が要求されますよね。
e0118846_20421971.jpg

旅行にドラゴンズに相撲が目下の関心事^^
宮城(皇居)は最近行きましたが、球場へはなかなか行けないようです(笑)
老いてますます盛んなわが母であります^^;
[PR]
点字ブロックであります。
正式名称は「視覚障害者誘導用ブロック」だそうです(+o+)

e0118846_2229020.jpg
あらめずらしや、石ではありませんか!
昨年中尊寺で見つけたのですが、いずれネタに…と思いつつ1年以上経ってしまいました(>_<)

石らしく、割れております(笑)
e0118846_22292489.jpg
ちまちまとした加工を施すには根気が要ったことでしょう(~_~)

障害者用の設備にも石が活躍しているとは、思いもよりませんでした。
石を扱う者の端くれとして、何となくうれしかったです。
[PR]
今日は地元の小学校区の運動会に参加しました。
雲ひとつない晴天の下…なので朝から暑い(>_<)
e0118846_20583323.jpg

鼓笛隊の演奏と共に入場行進してると、何だかじわ~っときますね。
一大イベントが始まるんだ!という気になります。

綱引きに出場しました。
e0118846_20584791.jpg

結果は一勝一敗。
早目に決着がついたので、疲労はほとんどありません。

校庭のど真ん中に松の木が植わったままっていうのは、あまり例がないそうです。
e0118846_20585863.jpg

石の街らしく、石庭らしきものが作ってありました(笑)
e0118846_2059982.jpg

小学校では毎度おなじみの二宮さん!
e0118846_2101743.jpg

ここのは本体が1mを超える大きな石像でした。
[PR]
グー そのⅧの続きです。
e0118846_16481933.jpg

完成しました。
e0118846_16483393.jpg

無事に腕輪が出来たのはいいですが、基本的にこれは静物(~_~)
「ご自由にお回し下さい」なんて添え書きしちゃうと、数日で割れてしまうことは必至(>_<)
e0118846_16484519.jpg

木材で、バット状のものに抜けない輪っかが付いてるのを目にしたもので、同じようなものを、と思った次第です。
石でも出来るんだぞ、というアピールですね<`~´>
e0118846_16485816.jpg

ゆ○きもこんな腕になっちゃうのでしょうか?
e0118846_1649143.jpg

[PR]
グー そのⅦの続きです。
e0118846_1825028.jpg

あとほんの少し、というところでスッと抵抗がなくなりました(^O^)
「カラン」という音と共に2~3㎝落下して、無事に腕輪となりました^^;
e0118846_183495.jpg

こんな風にでも…
e0118846_1831918.jpg

はたまたこんな風にも…
e0118846_183311.jpg

確かに輪っかだぞ<`~´>ってなもんです^^;

かなりの神経を使う作業、季節がらた~くさんの汗をかきました。
割れずに出来てホントに良かったです。
腕の成形後、輪っかをざっと磨いて完成です。
[PR]