中国なしではやっていけない日本 -孔健-

孔子の第75代直系子孫という方が書かれた本です。
時折マスコミにも出てらっしゃいますね^^
e0118846_943219.jpg

簡単にはいかないでしょうが、そろそろアメリカの子分であることはやめたほうが…という記述には賛同します。
アメリカの一国支配にもあちこちひずみが生じてますからね。
中国と手を携えていくことにより、北米・EU・東アジアという3地域鼎立の図式になったほうが健全という気がします。
e0118846_9431951.jpg

石彫を例にとりますと…
私が初めて中国製品を目にした時、「コピーとすら思えない、粗悪品を輸入してどうするの!?」という感想でした。
その後、なかなか良くなってきたのでは…
そして程なく、品質は変わりないじゃん!
やがて、まったく遜色ない製品が廉価で日本に入ってくるようになりました…Σ(゚д゚;)
この間、高々10年余りの出来事です(@_@;)
e0118846_9433487.jpg

墓石に至っては、日本の原石を中国に送って加工し、再度船便で輸入しても安く上がるんですよ!
彼の地の人件費も上がったとはいえ、日本に比べるとまだまだのようです。

石屋さんも実感する中国のパワー、すさまじいものがあります。
[PR]
Commented by lemgmnsc-bara at 2009-11-04 19:15
東アジアを一つの経済の極にしようとすると、中国は中華思想を思い出して盟主に名乗りを上げて来そうですね。その名に恥じないくらいの実力をつけて来ているのも事実ですが…。余談ですが、ジュネーヴに孔子の子孫を名乗る人物が経営する中華料理屋があります。ガイドブックに載っていたんで行ってみたら激マズでした(;`皿´)
Commented by himaru73 at 2009-11-04 21:19
to 黄昏ラガーマンさん
中華思想と大東亜共栄圏のぶつかり合いによって、なかなか進展しないかもしれませんね^^;
国土と人口、国際的な発言力からして親分は中国、闇将軍的な立場で日本が支えるという図式でいいんではないですか!?
信長の子孫がスケートで頑張ってるみたいですが、だからと言って何とも思いません。70数代後の子孫だと言われても…ご先祖の威光を背景にどうぞご勝手に、ってところですね。
Commented by ぼの子 at 2009-11-06 22:35 x
鼻水を乗り越えヒサビサのコメです♪
戦後生まれのワタシたちからすると、今の「アメリカの子分」状態は相当違和感があります(´Å`;)
そろそろ沖縄からも出て行ってもらえないかしら…?
実家では4年前ぐらいに墓石を立て替えたばかりで、中国製の墓石が安いが上下の石の質(色?)が上手くそろわないとかなんとか聞いたばかりでした…
それがあっというまに日本で売り出してもおかしくないモノができつつあるということですか~!?
技術はあっという間に上がっていくんですね~…(´Å`;)
近いうち日本を捨ててしまう日本人が増えるのでは?!
Commented by ゆったり人 at 2009-11-07 00:50 x
こんばんは。
なるほど、そこまで中国は安いのですか...
製造業は相当厳しい時代になってきてますね。多少人民元が引き上げられたとしても簡単にこの優位性は変わりませんね。
Commented by himaru73 at 2009-11-07 22:16
to ぼの子さん
鼻水を乗り越えたヒトは中国パワーも乗り越えられます(笑)

水が違う…と申します。
木材は顕著のようですが、石材においても、生まれ育った土地の水が一番合うものとして、加工後の影響も少なからずあるそうです。
水を吸う性質上、長い年月が経つと見ための色が変わることが多いようです。
Commented by himaru73 at 2009-11-07 22:21
to ゆったり人さん
今や世界の工場・農場と言っていいのかもしれません。
貧富の差がまだまだあって、「貧」のところで3Kの製造を担っているものと思われます。早急に改善される兆しはなさそうなので、当分は中国パワーが席巻することでしょう。
by himaru73 | 2009-11-04 09:45 | 石いろいろ | Comments(6)

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る