聖観音立像Ⅷ

引き続き仕上げ擦り、そして”穴そうじ”です。
右脇、左手の肘下、足の両側に穴掘り機で掘った穴をきれいにする作業です。
穴をあけました、という風に見えてはいけません。あくまで自然に、ここは布が体から離れている部分なんですよ、という具合に見せなければいけません。
e0118846_8444287.jpg

体の線がきちんと出るようにそこかしこに穴を掘るのは観音像の特徴ですね。

右手は衣を掴んでいてもいいし、写真のように手首にひっかけて掌を見せていても、どちらでもOKです。

左手は蓮華のつぼみをもっているのですが、こちらも持ち方は自由。
わしづかみしているよりは、指をしならせるなどして優雅に持っているほうが見栄えが良いです。
優雅に見せようとすると手の角度をどうするかなどの悩みは増し、しかも指が飛び出した形になってしまうので作成中に捥げてしまうおそれが生じますが、多少のリスクは覚悟でなるべく優美に、とは常に思うことです。
e0118846_845543.jpg

髪型も決定しました。いくつかパターンがあるようですが、どれを選択するかという決まりは特にありません。
オリジナルでも良いのですが、資料に載っているいくつかのパターンを試したなかで、自分で気に入ったのを毎回採用しています。
e0118846_8453040.jpg

[PR]
Commented by wecoms at 2007-08-25 11:02 x
”そこかしこに穴を掘るのは観音像の特徴”ですか!
石仏には、それぞれの特徴があるのですね。
後姿の柔らかい線に、優雅さを感じます。
8月4日の、聖観音立像の作成紹介から、ほぼ20日間で完成、おめでとうございます。
Commented by himaru73 at 2007-08-25 19:52
wecomsさん、コメントありがとうございます。
制作過程の紹介と実際の進行状態には少しずれがあります。すでに完成しているのですが、途中、山歩きなどをはさんだりして紹介が遅れてしまいました。あと2回で完了しますのでお待ちください。
”形が変わらないので・・・”などと書いたとおり、見ていただいている人にも変化がわかりにくいと思いますが、細部をご確認下さいというところです。
Commented by サブロー 人生バックドロップ! at 2007-08-25 21:22 x
髪型にも種類があるんですね。
観音様のスタイリストですね。
Commented by himaru73 at 2007-08-25 22:40
サブローさん、コメントありがとうございます。
観音像は成り立ちとしては男性らしいですが、女性的にみえますよね。
作り手としては女性をイメージして作りますので、髪型等も気を使ったりしますね。
by himaru73 | 2007-08-25 08:51 | 制作中! | Comments(4)

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧