人気ブログランキング |

怪我

膝の内側にグラインダの刃をあててしまい、幅5ミリ、長さ3センチぐらいの切り傷を負ったことがありました。
それほど深くはなさそうだし、血も止まったので絆創膏を貼っておいたところ、妻が医者へ行けといいます。

これぐらいの傷で医者なんてヤダ!(実はものすごい医者嫌い)とゴネました。
ご近所の元看護婦さんにみてもらったところ、「縫うほどではないので、処置としては消毒してもっと大きな絆創膏を貼るぐらいだろう」ということで医者へ行くことは免れました。

かれこれ20年近く前の話なんですが、いまだに傷跡がひきつれのようになって残っています。
若さゆえに回復は早かったのでしょうけど、結構な深手だったのかもしれません。

ちょっとした擦り傷や切り傷は日常茶飯事、小さな怪我は頻繁にあります。
指先を挟むという事故が多いのは、石屋ならではでしょう。
怪我_e0118846_16485716.jpg

クレーンで吊っていた石が落下して足が下敷きになったとか、グラインダの刃が外れて体に飛んできたなどという大きな事故も、ごく稀なこととはいえ発生します。
吊り方がいい加減だったり、刃の締め付けが不十分だったりと、注意を怠らなければ防げる事故がほとんどです。

とはいえ、いくら気をつけていても、集中が途切れた間隙を突いて襲ってくるのが事故です。
確率をゼロにする努力を怠ってはいけないと、自分であれ他人であれ、怪我をするたびに思います。
by himaru73 | 2008-04-23 16:51 | 石いろいろ

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る