人気ブログランキング |

怪我

膝の内側にグラインダの刃をあててしまい、幅5ミリ、長さ3センチぐらいの切り傷を負ったことがありました。
それほど深くはなさそうだし、血も止まったので絆創膏を貼っておいたところ、妻が医者へ行けといいます。

これぐらいの傷で医者なんてヤダ!(実はものすごい医者嫌い)とゴネました。
ご近所の元看護婦さんにみてもらったところ、「縫うほどではないので、処置としては消毒してもっと大きな絆創膏を貼るぐらいだろう」ということで医者へ行くことは免れました。

かれこれ20年近く前の話なんですが、いまだに傷跡がひきつれのようになって残っています。
若さゆえに回復は早かったのでしょうけど、結構な深手だったのかもしれません。

ちょっとした擦り傷や切り傷は日常茶飯事、小さな怪我は頻繁にあります。
指先を挟むという事故が多いのは、石屋ならではでしょう。
e0118846_16485716.jpg

クレーンで吊っていた石が落下して足が下敷きになったとか、グラインダの刃が外れて体に飛んできたなどという大きな事故も、ごく稀なこととはいえ発生します。
吊り方がいい加減だったり、刃の締め付けが不十分だったりと、注意を怠らなければ防げる事故がほとんどです。

とはいえ、いくら気をつけていても、集中が途切れた間隙を突いて襲ってくるのが事故です。
確率をゼロにする努力を怠ってはいけないと、自分であれ他人であれ、怪我をするたびに思います。
Commented by ゆったり人 at 2008-04-23 22:22 x
こんばんは。
けっこうな怪我だったようで、しばらくは不自由ではなかったですか?
私も電気工事を一時やってまして、ディスクグラインダーで身をほんの少しですが削ったことがあります。
傷口が焼けたためか出血はなくて、不思議だなぁと思いました。
スピーカー自作をたまにやりますが、気の緩みで怪我するシーンはありますよね。ほとんどが未然に防げることで、電気工事もあんなに注意する人がたまたま...というのもありましたねぇ。
これからもお気をつけて作業されてくださ~い^^
Commented by himaru73 at 2008-04-23 22:34
to ゆったり人さん
夏場だったので傷口が膿んでしまい、瘡蓋になるのに時間がかかったように記憶しています。
電動工具を使う人は、同様の怪我は何度かやってますよね。被害を最小限に抑えるようにしたいものです。
Commented by ぼの子 at 2008-04-24 00:31 x
イデデデデ!!(⊃д`)
聞いてるだけで痛いです!!
こんなスゴイ機械や設備だと「ちょっとの怪我」では済まないだろうから、
ホントに気を引き締めなければならないですね!!
ワタシなんて慣れてくるとすぐ気が「緩む」方なので、向いてないのが分かります(笑)
ひまるさんは熟練してらっしゃるでしょうけど、どうぞお気をつけてくださいませ~♪
(*´∀`*)
Commented by wecoms at 2008-04-24 09:23 x
写真で見る限り工場そのもので、危険が一杯って感じです。
全ての機械に安全対策が施されているでしょうが、ひまるさんが書かれているように、一番の安全対策は”自分自身の注意”でしょうね。
これからも、怪我のないように気をつけてよい作品を制作してください。
Commented by himaru73 at 2008-04-24 20:48
to ぼの子さん
おっしゃる通り、”気の緩み”ですよね。
不可抗力って言いながら、実際には何かが視界をよぎったとかふっと夕御飯のおかずが気になったとか(笑)、ほんの一瞬気がそれたときにヤラれてしまうようです。
Commented by himaru73 at 2008-04-24 21:07
to wecomsさん
石屋の工場というのは、扱うものが重くて大きい割には手狭なところが多いです。その分高く吊り上げることになるので、写真のようなクレーン作業においてはいやがうえにも慎重にならざるを得ません。
最近は制作が滞っている状態ですが、いずれ再開します。ブランク明けには気をゆるめることなく安全第一を心がけようと思います。お気遣いありがとうございます。
Commented by サブロー 人生バックドロップ! at 2008-04-24 23:13 x
危険もあるんですね。

私は犬猫に噛まれる事はありますが、一番気をつけないといけないのは車の運転です。
Commented by himaru73 at 2008-04-25 21:19
to サブローさん
交通事故のニュースがない日はありませんね。
加害者にも被害者にもなりうるのが怖いところです。
気をつけましょう。
Commented by ホラ貝 at 2008-05-08 10:51 x
私も昨日クラフトナイフでバッサリやって夜間救急にいっていましたよ

指関節付近がパックリ開いたもんで

浅いなら縫合でなくテーピングによる傷口固定ですみますよ
自分の場合は指で甲側だったから指を曲げると皮膚が引っ張られてテーピングでははがれるし傷口が開くからと縫われたけど(笑

浅い傷でも治りの速さと傷口の跡のこるかが違うのと傷口の消毒や感染があるから医師にきて正解と言われましたよ
Commented by himaru73 at 2008-05-08 20:23
to ホラ貝さん
コメントありがとうございます。
本文中にありますように、かれこれ20数年前の話であり、テーピングはまだ一般的ではなく、感染症という概念も薄い時代でした。元看護師の見立てで良しとしてしまったようです。中年となった現在、同じことをやらかしたら間違いなく医者へ駈け込みます!
”指関節付近がパックリ開いた”という怪我もしたことありますが、その時はウンもスンもなく縫われてしまいました。無意識に動いてしまうところは仕方ないみたいですね。
by himaru73 | 2008-04-23 16:51 | 石いろいろ | Comments(10)

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る