人気ブログランキング |

Oさんのこと vol.6

現在のOさんは、加工場そっちのけで山暮らしをしています。
加工業者から採石業者に移行した模様です。

Oさんのこと vol.1にて少し触れた高級墓石材が、順調に産出しているようなのです。
あれからほぼ1年が経過しました。
e0118846_2220577.jpg

採石場に程近い、廃屋寸前の民家を借りることができたとのこと。
田舎暮らしはいいぞ~」なんて、会うたびに楽しそうな表情でいろいろ語ってくれます。
招きに応じて訪問しました。

どうせなら宿泊しなければ!とばかりに着替えとビールを抱えて約3時間のドライブ。
曇天の日、星ひとつ見えない真っ暗やみの中、街灯なんてありませんから車のヘッドライトだけが頼りという、山道を走るには最悪の条件の中到着。

「ド田舎」「山奥」でした。
住んでる人には申し訳ない表現かもしれませんが、最寄りのコンビニまで車で40分かかるなんて尋常じゃありません。
e0118846_22202297.jpg

しばらく雨が降っていないにもかかわらず、あちこち泥濘状態。街乗りの車が違和感を醸し出しています。

いわゆる「限界集落」
1人、もしくは夫婦だけという高齢者宅がポツポツ点在するという環境です。

翌朝、採石風景を見学しました。
e0118846_22204083.jpg

ユンボ(パワーショベル)で山を崩します。
自身が進む道路を作りながら掘っていきます。
e0118846_22205146.jpg

時折「タマ」と呼び習わしている、丸っこい岩が出てきます。
大きめのタマを削岩機で割り、傷や色目のムラがなければ加工場へ運ぶという段取りになります。
e0118846_2221595.jpg

現役石屋小僧のtomo君が、せり矢で割るためのテッポウ穴をあけていました。

「タマ」というのは水流に例えると水飛沫のようなものであり、近くに本流、つまり岩盤が横たわっているはずなのです。
まだそこに辿り着いてはいませんが、良質の御影石が眠っているのは確かなようです。

資本も要るし根気も要る。
博打的要素が強い試みではあるのですが、Oさんは前だけを向いて取り組んでいます。

業界を離れたので直接的な協力は難しいにしても、あちらこちらに紹介するという形をとりつつ応援していきたいと思っています。
e0118846_22212082.jpg

住居の周囲には蕨が群生、筍(破竹)がニョキニョキ。
降り出した雨の中、Oさんと一緒に採取した土産を、車のトランクに満載して帰路につきました。
by himaru73 | 2008-06-03 22:18 | 周りの人

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る