人気ブログランキング |

石仏指南 その11

石仏指南 その10の続きです。
前回の「耳」は、仏像特有のちょっと変わった形でした。

手はフツーでいいわけですから、写真やデッサン等参考にできる資料はたくさんあります
仏像を作り始めたころ、合掌した自分の手を鏡に映してしょっちゅう眺めていたものです^^
e0118846_846239.jpg

どこが最も出っ張っているかを理解しないといけません。
指先が前方に出るのが自然な姿です。
e0118846_8461966.jpg

「指先のほうが根元より細いんだぞ」
当たり前のことを言っておきましたが、それがなかなか難しい…

尖端になるほど、慎重な作業が要求されます。
したがってあまり深くは作れません。
少し幅を変えたぐらいでは、浅い方が太く見えてしまいます。
e0118846_8463592.jpg

足は、大体の形になっていました。
指を作りかねている様子だったので、手の指を短くしたようなもんだと言っておきました。
e0118846_8465128.jpg

側面から見た衣のしわは、良い感じに出来ています。
Commented by ゆったり人 at 2009-03-15 22:30 x
こんばんは。
鏡に手を写してみましたが、これを彫るのは難しそうです。ある程度のデフォルメといいますか、感覚的なところも必要そうですし。
姿勢の微妙な違いなどに落ち着き感などの違いを感じますね~(まだこれから変化もするでしょうけど^^)
頑張れ~と応援です!
Commented by ぼの子 at 2009-03-15 22:42 x
手に注目すると、手のことが見えてくるんですね~
(もちろん、シロウト目ですが…)
指先がまっすぐ上に向いているもんだと思ってましたが、
意外と指先が手前に出ていることが分かりました!!
ひまるサンの仏様は、前からの姿も美しいですが、横からの姿がとても美しい!!
これが熟練したワザなんですね~!!
Commented by wecoms at 2009-03-16 11:33 x
”尖端になるほど、慎重な作業が要求されます。”という段階に入り、削りすぎたら元に戻せない分、より神経を使う作業になりますね。
ひまるさんととTo君の差は、自然な流れと丸みでしょうか?
To君の師匠から学んでいるという緊張感が直線的な表現になっているのかな?
Commented by himaru73 at 2009-03-16 21:12
to ゆったり人さん
鏡に写したり、妻に合掌して数分固まってもらったりして、手の観察は結構やりました^^
とはいっても関節やしわなど作りようがないし必要もないですから、違和感のない「手」が出来れば良しとしました。

落ち着きなどを醸し出すには、やはり数をこなさないとダメかもしれません。経験がモノをいう世界だと思います。
Commented by himaru73 at 2009-03-16 21:21
to ぼの子さん
以前「耳」で述べたように、やはりパーツが自己主張してはいけません。全体像の中の「手」でなくてはいけないと思います。
とはいいつつもきちんと作っておかないと、そこだけ浮いてしまいますから、その辺りの兼ね合いが難しいところです。

青二才の頃は手の形にするのが精いっぱいで、指先が手前に出ているってことを最初から理解してたわけではありません。
ちゃんと形作ることが出来るようになって、全体の印象を把握できるようになってから見えてくるところだろうと思います。

”美しい”!
お褒めいただきありがとうございますm(__)m
隣が駆け出しの作品なので、増幅されて立派に見えるだけかもしれませんが^^
Commented by himaru73 at 2009-03-16 21:32
to wecomsさん
捥げ易い尖端の加工に関しては、削り過ぎではなく削りきれないで何度も鑿を当てるという方に問題があります。
いわゆるシビレが入って、内部に亀裂が生じてしまうわけです。
この大きさですと、1度か2度でビシッと決めないとマズイかなぁという感じです。

私も初期の頃はカチンコチンの姿にしかなりませんでした(>_<)
自然な柔らかさと丸みは、やはり経験でしか培われないのかも知れません。
加工技術のみならず、人生経験もある程度は必要なんだろうな、と思います。
Commented by amaryllis0110 at 2009-03-16 22:41
両手を自然に合わせるとやはり指先は前の方に
出てしまいます。

神仏を拝むとき心にある願いをより手のひらに伝えたいと
胸につけていたのですがレイキヒーリングを勉強してから
両手の平をあわせたものは胸から離して下さいといわれました。

宇宙のエネルギーを受け取るアンテナになるのだと。。。

石材という素材を理解しないと細部の仕上げ方も最短の方法でないと
いけないようですね。とても難しそうです。
Commented by lemgmnsc-bara at 2009-03-17 19:52
ご無沙汰いたしております。手の形とは全く関係ありませんが、右のお地蔵さんの頭はちょっとソフトモヒカンっぽい形になってますね。左のお地蔵さんはオーソドックスな坊主頭ですが…。
Commented by himaru73 at 2009-03-17 20:31
to ジャスミンさん
心から手へ、ではなく受け取るための合掌なのですか!?
エネルギーを心に取り入れるわけですね。
心して作らねば。

振動系の道具でなければ尖端の細部といえども気遣いは減ると思うのですが、多分とてつもなく高価なものになるでしょうから、腕を磨くしかありません(ーー;)
Commented by himaru73 at 2009-03-17 20:38
to 黄昏ラガーマンさん
相変わらずの素晴らしい着眼に感服いたします(゜o゜)
To君はソフトモヒカンの時期もありましたし、私は数年来の5分刈り。まさに当人の髪形を表しているかのようです^^;

…って、まだ製作中です!お地蔵さんは坊主がフツーなんです(-_-;)
by himaru73 | 2009-03-15 08:48 | 石屋小僧 | Comments(10)

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る