人気ブログランキング |

京都旅行 その1

一昨日と昨日、花見には少々早いかな!?と思いながらも、妻と2人で京都へ1泊旅行をしました。

共働きなので休みの調整などがあり、日にちが限定されてしまいます(>_<)
e0118846_2226891.jpg

昨年開通した新名神高速道路を、新鮮な景色とともに快適に走りました
平日なので、昼間は混雑してないというのもあるでしょうけど。
e0118846_22263548.jpg

で、SAにて早速石製の輪止めをパチリ。

「忍者の里」にふさわしく、もう少し凝ったものを期待したのですが、ありきたりのデザインで落ち着いちゃってます。
細工が多いほど予算面で大変でしょうから、しょうがないのかもしれません。
e0118846_22265361.jpg

6時過ぎに自宅を出て、9時頃広隆寺に到着。
国宝第一号の弥勒菩薩を堪能しました。
もちろん撮影禁止(>_<)

必要最小限の照明に照らされた仏像は、遥か太古、聖徳太子の時代の息吹を伝えようとしているかのようでした。
対面に安置されている、弥勒よりはるかに大きな千手観音をもしのぐ存在感を醸し出していました。
e0118846_22271986.jpg

2行目、一部切り取って字を消してあります。
後になって史実と違う事実が露見したのでしょうか!?
時々ありますよね、こういうの。

削り取ってから同じ種類の石を接着剤で埋め込み、磨きをかけます。
修整直後はそれと分からないにしても、かかる年月が接着剤を浮き上がらせてしまいます

※ 桜が咲き始めるころの旅なのであまり季節がズレてもいけないと思い、「石仏指南」が完結間近であるにもかかわらずしばらく中断することにしました。
しばらくお付き合いくださいm(__)m

Commented by ゆったり人 at 2009-04-01 23:40 x
こんばんは。
なるほど、私はこういう補修に気づいてないです。
あまり注意してみてないからか、見ても記憶に残ってないのか、なるほどと思って拝見しました。
接着剤はどうしても劣化してしまうのでしょうね...
しかしこんな修正が必要になるので、ミスなどあれば大変ですね。
Commented by ぼの子 at 2009-04-02 00:39 x
あのウワサの(?)京都旅行ですね!
輪止めや石碑を撮ってしまうあたりが、やはりひまるサンです!!
こうやって修正してあるモノをはじめてみました!
いや、そういった場所に行ってるのかもしれませんが、
よく見てないというか…
長年経つと接着剤が浮き出てしまうんですね~!
知りませんでした!
Commented by wecoms at 2009-04-02 09:54 x
写真が大きくなり、わかりやすく迫力あるので、石を中心の視点での京都旅行紹介を拝見させていただきます。

Commented by himaru73 at 2009-04-02 20:26
to ゆったり人さん
このような銘板に注意を払う方が少数派だと思います^^;
彫ってある内容は、たいていの場合最初にもらうパンフレットに記されてますからね。

酸化するのかどうなのか、黄ばんでくるのは確かですね。
もう少しお金をかける気があれば、字面をダーッと削って全部彫り直すというテもあります。
少なくとも原材料費の分は浮く計算ですけど、字数が多いだけに結構なお値段になってしまいそうです(>_<)
Commented by himaru73 at 2009-04-02 20:41
to ぼの子さん
そう、ウワサの(?)京都旅行です!
中学校の修学旅行以来ですから、何と30年以上もご無沙汰してました^^
いずれ行きたい、そのうち行きたい、悶悶としていたところに背中を押してくれたのが「ぼの子マニア」でした。
訪問先を決めるのに参考にさせていただきましたし、旅自体とても充実したものになりましたので、おかげ様と感謝しておりますm(__)m

注意して見てれば、こんな修復箇所に時々お目にかかりますよ。
広隆寺に限らず、他にお金をかけるべきところがいくらでもありますから、こんな程度のことに予算は割けないということでしょう。
Commented by himaru73 at 2009-04-02 20:49
”石を中心の視点での京都旅行紹介”がうまくいくのは、どこのSAにもある輪止めと石碑の瑕疵に巡り合えた最初だけだったりして(笑)
以降こじつけになってるかもしれません^^;

何度か旅されたかもしれませんが、その人なりの視点というのもありますから、以降もご覧いただければ幸いです。
Commented by amaryllis0110 at 2009-04-03 15:33
himaruさんらしいお花見ドライブの画像で感心いたしました。
さっそく桜をアップしそうな自分の弱さを改めて感じました(笑)

輪止めや石碑の瑕疵・・今まで気がつきませんでした。

弥勒菩薩は一番好きな仏像です。その姿を思い浮かべるだけで心が
静かになるし、人に優しくなれる気がします。
Commented by himaru73 at 2009-04-03 21:28
to ジャスミンさん
私も弥勒菩薩が最も好きです。
飾り気のない姿と、思慮深そうな表情。

石像として作るのはかなり難しい部類に入ります。
半裸なので衣装でごまかすことが出来ないのと、ほっぺと指の関係が特に…
木彫であれば離れてしまってもいいのですが、石彫だと強度上の問題により、ほっぺにくっついていないとマズイのです(>_<)
by himaru73 | 2009-04-01 22:34 | 石いろいろ | Comments(8)

日常の出来事あれこれ。  ときどき「石」。


by himaru73
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る